妊婦のファッションは頭を使って買わない努力

妊娠したらマタニティファッションに身を固め、如何にも妊婦という格好でみんなに大事にされたいと思っていましたが、いざ買おうとするとなかなか気に入ったものがありません。昔のマタニティからはずいぶんと進歩しているのでしょうが、お腹が目立った時だけ着るのに何千円もするものを買うとなると躊躇いが生じます。

そこで先輩ママにどうしているのか、どうしたのか聞きました。すると基本は買わないという返事。出産準備でお金が掛かるので、自分が妊娠中だけに着る洋服にお金を掛けている場合じゃないというのです。お金があるなら、先に使うであろうオムツを買って備えておけばずっと楽になる。洋服なら出産後に着る、可愛いものを買ったほうが出産に向けてのモチベーションになる。なるほど納得です。

でも、お腹が大きくなるのは事実。先輩ママはどうしていたかというと、お腹部分がかくれるものとボトムスはタイトに見えるノビノビ素材の組み合わせが多く、楽ちんだったそうです。お腹が隠れると安心するというのがポイントだそうです。そして下半身は浮腫んだりもするし、締め付けない素材だと座っていても苦にならない。ポイントはタイトなものということで、上がゆるゆるでも下がスキっとしているとだらしなく見え辛いというのです。なるほど~。

そこでウエストゴムのスパッツを引っ張り出してきました。こういう素材って思ったよりも伸びるので、「買わなくてもどうにかなるもんだ」と実感。マタニティファッションって思ったよりも活躍しません。工夫で乗り切るのがおススメです。

無添加の葉酸サプリおすすめを紹介!赤ちゃんのために安全なものがよし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です