写真撮影での失敗談

学生時代のことです。
学生の頃って、旅行や遠足などへ行けば写真を撮る人が多いと思います。

今で携帯があるから、携帯で写真を撮る人も多いでしょう。

私の場合は、まだ携帯がない時代の話。

中学生の頃だったかな、修学旅行で撮った写真を見て
驚くべきことに気づいたのです。

それが眉毛が薄い・・・というかないというか見えない・・・
みたいな。

あ~失敗したなと思った出来事でした。
実は、薄いかなと感じてはいたのですが、
鏡を見る限りでは、まあ大丈夫かなと思っていたし、
友達も指摘してこなかったので、大丈夫かなと思っていたのですが、
写真に撮ってみてみると、眉ががなぜか見えない、ないみたいな
感じになっていたのです。

これは驚きましたというよりショック。
いや、これはひどい、やっぱり眉毛はしっかりとしておかなければ
ダメだったなと思った失敗事件。

しかも私は一重だったので、もう目つきが悪くて
笑える写真となってしまったのでした。

一重って目つきが悪く見られたり、怒っているように見える
顔なのにもかかわらず、眉毛もないような状態。

笑うしかない顔で写真を撮っていたのです。
それ以降、写真を撮るのが怖くなった私。

もともと写真写りもよくないので、好きじゃなかったのですが、
今回の出来事で、写真撮影というか写真を撮るときには
念入りに鏡を見て確認をするようになった私です。

学生時代の思い出は良い思い出ですが、かなり失敗したなと
思える出来事だったので、今でもたまに思い出すことがある
数少ない思い出です。

ナイトアイボーテ 激安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です